電子定款で印紙代の節約

みなさまもご存じの方が多いと思いますが、

株式会社を設立する際には、原始定款を公証役場で認証してもらう必要があります。

 

この定款認証をネットを通じて行うことができるようになっています。

いわゆる電子定款です。

 

この電子定款は、導入には認証用のソフトを購入し、かつ認証用の電子証明書を取得する

必要があります。

これらの費用には、7~10万円程度かかります。

 

しかし、一度導入してしまうと、電子定款には大きなメリットがあります。

それは、定款認証が安くすむと言うことです。

 

紙の定款認証の場合には、公証人への報酬と印紙代金がかかり、総額で10万円程度になります。

しかし、電子定款の場合には、公証人への報酬ののみでOKとなり、費用は5万円程度ですみます。

この4万円の節約は大きいですよね。

 

もちろん、我がみなと事務所は電子定款に対応していますので、

会社設立を考えている方は、お気軽に相談して下さい。

 

 

 


soudanrogo3

ご相談は、下記のボタンからどうぞ。

sou1

※クリックすると専用のお問い合わせフォームが開きます。 

※国家資格者である行政書士には、業務上知り得た情報を他に漏洩しない守秘義務が課されていますので、安心してメールをして下さい。
※このメールによるご相談やお問い合わせは無料です。別途料金が発生する場合(相談の後、案件を受託するような場合)には、あらかじめその旨を当方より連絡いたしますので、安心してお気軽にご相談下さい。
※このメールにより知り得た情報はご相談にお応えする以上の利用は致しません。従いまして、当方より、案件の依頼等の勧誘などの連絡を行うことはありません。連絡先などの記載をお願いするのは、身分証明の為であり、個人情報につきましては、細心の注意をもって取り扱っておりますのでかならずご記入下さい。
※ご相談の回答はなるべく早く行いますが(2~3日を目処とします)、混み合っている場合には、1週間程度のお時間をいただく場合もございます。あらかじめご了承下さい。

あわせて読みたい